Japan Embassy

Header

ベトナム研究と日本研究

古田元夫・桃木至朗(日越大学)
「基調報告 1:日本のベトナム研究」 ・・・・・ 1
グエン・ヴァン・キム(社会・人文科学大学)
「基調報告 2:ベトナムの日本研究-その特徴と傾向」(吉井美知子訳) ・・・・・ 8
パネル 1: 近現代の日越関係
白石昌也(早稲田大学)
「ファン・ボイ・チャウの日本認識の変遷」 ・・・・・ 17
ファム・ティ・トゥー・ザン(日越大学)
「ベトナム人から見た近代の日本 ・・・・・ 26
小松みゆき
「動きだした時計:ベトナムに残された元日本兵家族の戦後」 ・・・・・ 33
チュオン・ティ・ビック・ハイン、ホアン・ホン・ガー(社会・人文科学大学)
「1945 年から現在までのベトナムの教科書に見る日本」(桃木至朗訳) ・・・・・ 40
ファム・ティ・イエン、、グエン・ティ・タイン・ホア(ホーチミン市外国語・情報学大学)
「ソフトパワーの角度から見たインド・太平洋地域における日本の自主戦略:
越日関係の展望」(鷲頭小弓訳) ・・・・・ 48
ドー・ティ・タイン・ロアン、ウン・ホアン・アイン(社会・人文科学大学)
「越日戦略的パートナーシップ:教育面での協力(2009-2020)における
主張と結果」(鷲頭小弓訳) ・・・・・ 63
グエン・マイン・ズン(社会・人文科学大学)
「日本からベトナムへの技術移転:現状と傾向」(Cty NIBE 訳) ・・・・・ 80
リー・トゥオン・ヴァン(社会・人文科学大学)
「東アジア統合の過程における日越関係の役割」(吉井美知子訳) ・・・・・ 92
グエン・ティ・ビン(社会・人文科学大学)
「安南・日本株式会社:1939-45 年のインドシナにおける越日の経営者の
協力の産物」(多賀良寛訳) ・・・・・100
グエン・ティ・フオン・アイン(社会・人文科学大学)
「日本型の学際的アプローチの方向によるベトナムでの地域学の研究・教育」
(桃木至朗訳) ・・・・・109
パネル 2:前近代の日越関係
ラム・ティ・ミー・ズン、グエン・ヴァン・アイン(社会・人文科学大学)
「考古学の領域での日越協力」(桃木至朗訳) ・・・・・ 118
ダン・ホン・ソン(社会・人文科学大学)
「ベトナムで発見された 17 世紀の肥前磁器」(坪井未来子訳) ・・・・・127
⻄野範子(東南アジア文化財保護基金)
「ベトナム茶陶 〜「安南焼」がもたらされた年代と歴史的背景〜」 ・・・・・166
菊池(阿部)百里子(東京大学)
「ベトナムにおける日本銭の流通」 ・・・・・189
ホアン・ヴァン・ホアン、ドー・ティ・トゥイ・ラン(社会人文科学大学)
「ベトナムで発見された日本の金属貨幣の概観:歴史学の観点から」(桃木至朗訳) ・・・・・195
藤田励夫(文化庁)・蓮田隆志(立命館アジア太平洋大学)
「安南(ベトナム)からの国書について」 ・・・・・218
清水政明(大阪大学)
「日本の各時期におけるベトナム語学習の歴史」 ・・・・・224
レー・ティ・カイン・リー(ハノイ文化大学)
「琉球列島における東南アジア的文化の痕跡:中世における文化変容過程の
遺産」(桃木至朗訳) ・・・・・232
グエン・ヒウ・マイン(社会・人文科学大学)
「日本史におけるチャンパ稲」(桃木至朗訳) ・・・・・239
ポスターセッション報告要旨集 ・・・・・247

 

(備考)
論文は当日のプログラム順にしたがって配列した。書式は完全には統一していない。ベトナム語の原稿の
日本語訳では、直訳でなく意訳したり適宜言い換えをしている。訳者注を独自に付けてある原稿と、本
文・注に[ ]で重要な言葉や説明を補ったものがある。
本報告書の著作権は、シンポジウム実行委員会と各報告者に属します。各報告や掲載資料の無断転
載・複製を固くお断りします。

Other Articles

U40 スペシャル座談会

U40 スペシャル座談会

輸入、教育、ITという3つの異なる分野で活躍するU40世代のベトナム人3人。...

Read more >
U40 スペシャル座談会

U40 スペシャル座談会

輸入、教育、ITという3つの異なる分野で活躍するU40世代のベトナム人3人。...

Read more >
U40 スペシャル座談会

U40 スペシャル座談会

生まれ育った日本を離れ、異国で現地の人々と交わり活動を続けるU40の面々。...

Read more >